Home // Archive by category "HOT SWAP対応CF-SCSI Convertor CF RaizinMonster"

Roland S-770 にSCSI Adapter KITを使ってCF RaizinMonsterをセットアップする。

多くのユーザーさんから問い合せがあったRoland S-770専用の内蔵SCSIアダプターKITが出来てきました。さっそく使ってみます。内蔵のHDDをCF AztecMonsterに交換することもできますが、今回はCF RaizinMonsterを組み付けてみます。

06_CF_Raizin_S770_SCSI

真ん中の基盤がアダプター基盤です。S-770固有の超変態40ピンSCSIコネクターを通常の50ピンSCSIに変換します。

00_Roland_S770

Roland S-770です。なにはなくとも筐体を開けます。

01_TOP_SCREW

天井のネジを外します。

02_SIDE_SCREW

側面のネジを外します。

03_BACK_SCREW

背面のネジも外します。

04_HDD_Cable

40ピンのHDDケーブルです。

05_40pin_SCSI

これが悪名高き40ピンコネクターです。

07_SCSI_Adapter_Connection

40ピンケーブルと50ピンSCSIケーブルを接続します。40ピンケーブルの方向に注意して下さい。赤いラインが1番ピンになります。絶対に間違えないで下さい。電源ケーブルも挿します。

08_CF_RaizinMonster_setup

CF RaizinMonsterを接続します。FDDからシステムを転送しますので、仮組みです。

09_BOOT_from_FD

SYSTEM FDから起動します。

10_Performance_display

起動しました。見やすいので、テレビに表示して使います。普通の家庭用のテレビで映ります。

11_Disk_Tool

SYSTEM->Disk Tools->Utilityを選択します。

12_current_Drive

SCSIにドライブが現れます。フォーマットされてないので、フォーマットします。その前にカレントドライブにID0を選択します。

13_Format

Formatを選択します。

14_Fomatting

フォーマット中です。

SysSAVE

フォーマットが終わったら、システムを転送します。

15_BOOT_from_CF

フロッピーを取り出して、電源を入れ直して再起動します。CFのSYSTEMから起動しています。

16_LOAD_FD

フロッピーからファイルを読み込んでみます。

17_LOADING

のんびり読み込みます。

18_SAVE_CF

こんどはカレントドライブをCFにして、保存してみます。速い速い。

19_FDD_ENABLER

FDDケーブルをFDDから外して、アダプターのコネクターに挿します。これで、FDDを外した場合に、起動時にFDDをシークしたままフリーズするのを回避します。

PrintFDDのピンアサインはこんな感じ。Track0とDisk ReadyをGNDに落としてFDDが接続してますよ状態にしています。

20_CF_RaizinMonster_built-in

FDDを外して、CF RaizinMonsterを組み立てます。リア側のネジが2個とりつけられないのですが、気にしないで下さい。

21_S-770_wCF_RaizinMonster

できあがりです。

CF RaizinMonster のファームウェア改良版 (ver.30 → 40) をAKAI MPC3000で検証する。

CF RaizinMonsterは沢山のユーザーさんにご愛顧いただいていますが、それゆえいろいろな不具合点も報告されています。一番寄せられているのは、AKAI MPC3000での、CFカードの相性問題です。一部のCFカードで初期化ができない、保存に失敗する等の現象が報告されています。

そこで、メーカーに現象を再現してもらって、ファームウェアの更新をお願いしました。

CF_RaizinMonster_Early_FIRM_VER

古いバージョンのサンプル品です。Transcendの133XとSiliconPowerの200Xで不具合が再現されました。

01_New_FIRM_VER

新しいファームウェアのバージョンの試作品です。Ver.40のコアをつかっています。SiliconPowerのCFを使ってみます。

02_Disk_Mode

DISKモードでフォーマットします。

03_FORMAT_HARD_METHOD

弊社のMPC3000はVailixi ROMを使っているので、HARDモード(Low Level Format)でフォーマットします。

04_Formatting

フォーマット中です。フォーマット終了したら、パーティションをします。

05_SAVE_PGM

フォーマット終了後、ファイルをセーブします。

06_SAVING

保存しています。

07_SAVE_COMPLETE

保存できました。

08_EXCHANGE_CF

CFカードを交換します。

09_SAVING_TRANSCEND

保存できました。

現在、メーカーでも検証中です。新型の販売はもうすこし先になります。

IMG_2846

Adaptec SCSIカードをBIOS ユーティリティーでベリファイするとタイムアウトエラーがでることも報告されています。

IMG_2876

新型のファームウェアでは改善されています。こちらもメーカーで検証中です。

 

MPC3000 Vailixi OS 3.50 で CF RaizinMonsterを使ってみる

MPC3000のサードパーティー製のOS Vailix 3.50のROMを入手したので、CF RaizinMonsterとCFメモリーカードで使ってみます。

Vailixi ROMの最大のウリは、PCで読み書きができるフォーマットに対応することです。残念ながら、現在はメーカー自体が活動していないので、販売されていません。中古で探すしかありません。私は、eBayでUS$45.00-で購入しました。

01_Vailixi_ROM

Vailixi ROMです。

02_MPC_ROM_Location

MPC3000のマザーボードの中央にROMがあります。手前がLS、奥がMSです。

03_REmoving ROM

慎重にソケットからROMを外します。ICプラーを使っていますが、無い場合にはマイナスの精密ドライバーなどで、地道に外してください。

04_Vailixi_ROM_installation

Vailixi ROMをソケットに挿します。足が曲がらないようにして、方向とLS、MSに気をつけて取り付けましょう。以上でROM交換は終了です。

05_BOOT_Vailixi_ROM

MPC3000から起動させます。正常に起動したら、最初にVailixi ROMの表示がでます。

06_Format_CF

CF RaizinMonster にCFカードを挿して、DISKモードでフォーマットします。Vailixi OS では、Formatのメニューが一部変更になっています。「Low level format」が選択できるようになっています。「Hard」と「Soft」の違いがいまひとつわかりませんが、とりあえず、「Hard」を選択します。

ちなみに、MPC3000はCFカードの相性があります。割とCFカードを選びます。今回は、Transcend X52 1GBのものを使いました。

07_Mode1_Partition

Format が終了すると、パーティションのメニューが出ます。「Mode 1 = Hybrid partitions」を選択します。

08_26Xpartition

26個のパーティションが作成できるようです。なぜか5択で容量が決まるみたいです。5番を選択します。

Mac_DeskTop_Copying

パーティション作成を終えたCFカードをUSBリーダーでパソコンに読み込ませます。パーティションが26個、パソコンに認識されます。

フリーの音源をコピーしてみます。

09_load_PRM

ファイルをMPC3000で読み込んでみます。

問題なく動作しました。

 

Ensoniq ASR-X にCF RaizinMonsterを内蔵させる

ユーザーさんからのリクエストで、宿題だったEnsoniq ASR-XにCF RaizinMonsterを内蔵させます。いろいろ、強引な部分がありますが、なんとか内蔵させました。

ASR-Xには、オプションのSCSIカードが必要になります。(ASR-X proには、標準でSCSIが付いています)

00_ASR-X_Photo

Ensoniq ASR-Xの操作パネルです。右下にFDDが付いています。FDDと交換で、CF RaizinMonsterを取り付けようと思います。

01_CF_Raizin_Monter_mini_D-SUB_Con

CF RaizinMonsterと特注で作ってもらったMini D-SUB 50pin – フラットケーブル50pin 変換ケーブルです。さすがに、高密度のMini D-SUB コネクターのハンダ付けのコネクターは存在しないので、圧接のコネクターになりました。

02_ASR-X_Rear_View

ASR-Xのリアパネルです。フラットケーブルを内部に引き込む穴などはなさそうです。

03_Inner_View

ASR-Xの内部です。中身は割と、がらんどうです。SCSIカードは、SCSIコネクターのネジだけで筺体に取り付けられています。(そんなんで大丈夫なのでしょうか?)

SCSIカードの上の筺体を削り取って、大穴を開けるというのも検討したのですが、結局、SCSIカードを外して、筺体内部でコネクターを接続させることにしました。

04_Removing_SCSI_Connector

SCSIカードを外します。なぜか、1.5mmの六角のネジが使われています。2本のネジだけでとまっています。

06_SCSI_Card

SCSIカードが外れました。

07_Wrapping_SCSI_Card

Mini D-SUBコネクターを接続して、D-SUB段ボール紙で絶縁しましょう。

08_Insutation_of_SCSI_Card

段ボール紙を、適当な大きさに切って、テープでぐるぐる巻きにして、SCSIカードを絶縁します。

05_Removing_FDD

FDDを外します。筺体の裏側4本のネジでとまっています。

09_Setting_Up_CF_RaizinMonster

FDDのかわりに、CF RaizinMonsterを取り付けます。ケーブルを配線して、出来上がりです。

10_System_Access_disk_Utility

Systemモードで、ディスクユーティリティーを選択。

11_Recognization_SCSI_Disk

SCSIをスキャンして、CFカードを認識させます。

12_Format_Disk

フォーマットします。

13_Format_Successful

フォーマット完了しました。これで、CFカードがメモリーカードとして使えるようになりました。取り外して、別のCFカードを使うには、同様にSCSIスキャンして認識させれば、使えるようになります。

今回の一番のポイントというか、難しいところは、高密度Mini D-SUBコネクターの変換ケーブルをどうやって入手するかということでしょう。当方でも、探しまくったのですが、既製品は存在しないようで、結局特注となりました。作ってもらえなかったとしたら、直接基盤からハンダ付けでSCSI信号を取り出すしか方法がありませんが、失敗すると大変なので、できればやりたくは無いです。

AKAI MPC3000のように、反響があれば、ケーブルを製品化するかもしれません。

Roland S-760 Sampler にCF RaizinMonsterを内蔵させる

 

Roland S-760とS-770のユーザーさんから、CF RaizinMonsterを内蔵させたいとのリクエストがありました。

早速、Roland S-760をネットで購入。S-760は、S-770と違い、内蔵用のSCSIコネクターがありません。SCSI CHIPから直接リード線を出すという強物のサイトもありますが、今回は外部SCSIコネクターからフラットケーブルを筐体内部に引き込んで、接続させる方法をとります。

04_Opening_Chasis

早速、S-760の筐体を開封します。側面と背面のネジを外して、トップカバーを開けます。

05_Inner_S-760_Stock

内部は、こんな感じ。意外と簡素なつくりです。

 

01_D-SUB_Conv_Cable_Parts

外部SCSI用コネクターと内蔵SCSI用のフラットケーブルの部品を揃えました。今回は、手作りで変換ケーブルを作ることにしました。

02_Climping_50pin_Connector

専用の圧接工具で、フラットケーブル用のコネクターをかしめます。コネクターの三角マークがついているポイントが、一番ピン(写真のケーブルでは、茶色のケーブル)になります。方向を間違えないように注意してください。

03_D-SUB_Conv_Cable_Soldered

D-SUBコネクターをハンダ付けします。

Print

SCSIケーブルの結線は、図のとおり。フラットケーブルの奇数の番号(1, 3, 5, 7…)のケーブルは使いません。D-SUBのコネクターのピン番号は、コネクターに小さく刻印されています。

07_Wiring_into_Chasis

ケーブルを拡張ポート用のシャーシの穴を通して、内部に引き込みます。

08_Preparin_for_Setup

Roland のサンプラーは、OSをシステムディスクから読み込んで起動させなくてはなりません。そこで、一旦、FDDとCF RaizinMonsterを同時に接続して、CFカードにOSを転送します。そのため、FDD用電源ケーブルを分岐させるケーブルを用意します。ケーブルは、AINEX社のものを使いました。

09_Boot_Up_from_FDD

FDDから起動させます。OSは最終バージョンを使用してください。最終バージョンのOSはRoland USAのサイトからダウンロードができます。

10_Format_CF

カレントディスクをHDDに選択して、FORMATをします。写真では、SCSI ID=5にCF RaizinMonsterが接続されています。

11_Save_System

OSをCFに転送します。転送が完了したら、CF RaizinMonsterをFDDと交換して組み付けます。

12_Jumper_FDD_Pin

Roland のサンプラーは、OSの起動時、カレントドライブ選択時などにフロッピーディスクの存在をチェックします。FDDを外すと、信号が帰ってこないので、OSがフリーズします。そこで、『FDDがちゃんとあるよ』という信号を直接返してあげないといけません。FDDの信号ピンをGNDに落として、この問題を回避します。

信号ピンは、26番と、34番ピンを25番、33番ピンとジャンパーピンでショートさせます。

Print

FDDのピンアサインは図のとおり。Track 0と、ReadyをGNDに落とします。

13_Boot_from_SCSI

CFからOSを起動させます。

14_Setup_Finished_Working

できあがりです。

AKAI MPC 3000の内蔵26ピンSCSIコネクターを通常の50ピンコネクターに変換するアダプター

弊社のCF AztecMonsterCF RaizinMonsterをMPC3000に内蔵させる時に、なぜかMPC3000の内部の基盤から生えているコネクターが26ピンのヘッダーという特殊仕様になっているため、直接SCSIケーブルで接続できないのです。よく、外部のD-SUBコネクターをむりやり変換させたりする記事を見ますが、やっぱりメーカーとしては、解決策を講じないと。。。

というわけで、できたのがコレです。MPC3000 SCSI Adapterという素っ気無いネーミングですが、なかなかの優れモノと自負しております。

9ECW82609ECW8269

ちなみに、CF RaizinMonsterの正式のベゼルが出来てきたので、さっそく取り付けてみました。ちょっと黒光りしているのが、気になりますが(素材の性質上、つや消しが難しいのです。)。。。

9ECW8272

まずは、MPC3000の内部配線の26ピンコネクターをアダプターカードのヘッダーに取り付けます。CF RaizinMonsterからの50ピンコネクターもヘッダーに差し込みます。このケーブルは、ケーブルの出方が反対(内側にケーブルが出ちゃってます。)ですね。これは、製品版では直します。

9ECW8283

アダプターカードを裏返して、26ピンコネクターをMPC3000の基盤のヘッダーに差し込めば、セットアップ完了です。

9ECW8294

動作確認します。CFカードをCF RaizinMonsterに挿して、DISKモードでフォーマットしてみます。

9ECW8299

ファイルを保存してみます。動作は、まったく問題ないです。

製品版には、SCSIケーブルと、FDD->HDD電源コネクターアダプターケーブルが付属します。ZIPドライブや、PCMCIAカードドライブなどにも利用できると思います。

ちなみに、同じような内部SCSIコネクターのヘッダーが26ピンで生えているものに、MPC60のMARION製のSCSIカードがありますが、これも独自のピン配置なので、このアダプターカードは流用できません。ご注意ください。

HOT SWAP対応!CF->SCSI変換アダプター CF RainzinMonsterをMPC3000でテストする。

告知をしたとたん、問い合せが大変多く寄せられているHOT SWAP機能を持つCF-SCSI変換アダプター CF RaizinMonsterのベータテストを実施します。お問い合わせのほとんどが、AKAI MPCのユーザーさんからということで、AKAI MPC3000を使って、テストをしたいと思います。

00_RaizinMonster_wMPC3000

これが、CF RaizinMonsterです。試作版ということで、ベゼルがボール紙(^_^;;)です。製品版は、1.2mm厚のPCBボードになる予定です。

01_MPC3000_Int_SCSI_CONV

前回、CF AztecMonsterの内蔵で作った内蔵SCSI変換カードを使います。実はこのカードも、反響が多かったので、近日中に量産して販売します。

02_removing_FDD

MPC3000のFDDを外します。

03_removed_from_enclosure

FDDが外れました。ケーブルも抜きます。

04_setting_UP_cube_spacer

FDD用とHDD(ZIPドライブなど)用の取付穴がいっぱい開いています。取付する穴位置を確認して、キューブスペーサーを取り付けます。

05_attaching_RaizinMonster

CF RaizinMonsterをMPCに取り付けます。ベゼルが紙なのでイマイチしょぼいです。。。

06_connecting_SCSI_CONV

MPC3000の内蔵SCSIを50ピンケーブルに変換します。市販する変換キットは、もうちょっとカッコ良くなる予定です。

07_FDD_Power_Cable_too_short

CF RaizinMonsterにケーブルを接続します。と、ここで問題発生。FDD電源ケーブルが短くて、届きません。。。

08_Power_Cable_extention

そこで、延長ケーブルで接続します。このケーブルも変換キットの付属品にしましょう。

09_setup_finished

取付が完了しました。

10_Power_ON

電源を入れます。CFカードが入っていると、グリーンのランプが点きます。

11_Format_DISK

DISKモードでCFカードをフォーマットします。例によって、780MBまでしか認識しません。

12_access_LED

CFカードにアクセスしていると、赤のLEDが点きます。

13_removing_CF_card

フォーマット完了したら、CFカードを取り出します。CFカードがささっていないと、グリーンのLEDは消えます。

screen_shot_1

MPCは、MS-DOSのDISKフォーマットなので、パソコンでデータが読み書きができます。フリーのMPC音源をコピーします。

14_HOT_SWAP_OK

再び、MPC3000にCFカードを差し込んで、データを読んでみます。

電源が入った状態で、カードを抜き差しして使えること(HOT SWAP)が確認できました。いろいろな種類のCFカードを入れ替えたりしてテストを続けていきます。

現在、MPC60、MPC2000XL、S1100、Ensoniq ASR-X、E-mu e6400でテスト中です。7月頃までには、ES版(製品版の生産サンプル)の製作をしたいと思います。