ENSONIQ ASR-10 SD変換アダプターキット 取り付け

久々の弊社の新企画の製品 ENSONIQ ASR-10専用のSD変換アダプターキットです。かなり苦労しましたが、実現しました。ASR-10の構造上すこし取り付けにくいですが、解説しますので挑戦してみてください。

キットのコンポーネントです。SD SusanoMonster, 電源変換基盤, SCSI変換基盤, 電源ケーブル, 5V電源ケーブル, SCSIケーブルです。

赤い部分のネジを全部外します。

ネジをすべて外します。

ASR-10の内部です。

電源部分です。

電源コネクターを外します。

基盤に接続されている電源コネクターを外します。橙色のものと白色のものです。

 

電源変換基盤に電源ケーブルを接続します。

電源コネクターに電源ケーブルを接続します。

 

ASR-10の基盤の電源コネクターに電源変換基盤のケーブルを接続します。

 

電源ケーブルを絶縁テープで絶縁処理します。

電源変換基盤を電源トランスの脇に設置します。

 

SCSI変換基盤を準備します。

SCSIケーブルを接続します。変換基盤の1番ピンを赤に接続します。

 

ASR-10のSCSI基盤の26ピンのSCSIコネクターを外します。

 

SCSI変換基盤を設置します。

SD SusanoMonsterを接続します。

ASR-10に設置する前にOSディスクをSDカードにコピーします。

予備のために2〜3枚作った方がいいと思います。

 

FDDを外します。

 

SD SusanoMonsterを設置します。

 

SCSIケーブルと5V電源ケーブルを接続します。

 

設置完了です。

 

ASR-10Rの場合には次の赤の部分のネジをすべて外します。

 

側面のネジです。

上部のネジです。

 

筐体を開けた状態です。

 

ASR-10Rのメイン基盤を手前に引き出します。

 

メイン基盤の裏側にSCSI基盤があります。

 

26ピンのSCSIコネクターを外します。

 

SCSI変換基盤を準備します。1番が赤ラインの方向で接続してください。

 

SCSI変換基盤を設置します。

 

ASR-10Rの電源回路はフロントパネルの裏側にあります。橙色と白色のコネクターを外します。

 

電源変換基盤を接続します。

電源ケーブルを絶縁テープで絶縁処理をしてください。

電源変換基盤をトランスの上部またはパネルの裏側に設置します。

 

裏側のパネルを固定しているネジを外します。

 

FDドライブを外して、SD SusanoMonsterを設置します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です