S950のStratos Technology製 SCSIインターフェースを再度検証する

前回は、SCSIのボリューム(パーティーション)が256個できるのではないか?という、適当なことを言ってしまってごめんなさい。使っているうちに、根本的にハードディスクという概念にとらわれていてはダメのようです。どうも、なにかデータベースのようなものの扱い方のようです。

実際に、再度いくつか検証してみました。結論からいうと、

  • SCSI Drive(CFメモリーカード)の容量に限らず、ボリュームが128個まで作成が可能。
  • 1ボリュームには、本体のサンプリングメモリーの容量(約1.5MB)が保存できる。
  • 約40〜42MBの容量まで保存できる。(Syquestの44MBの容量を想定しているのかも?)
  • CFカードには、相性があって新しい高速のCFでは、Format後にボリューム作成時にエラーがでる。

ということは、わかりました。ただ、1つのボリュームが本当にいくらの容量があるのか、その扱い方の根本的な理屈は、はっきりとはわかりません。DISKモードのメニュー「01」での「*Hdrive1」〜「*Hdrive8」の使い方もよくわかりません。(これもSyquetがリムーバブルメディアであることと関係があるかもしれません。)

実際に行った検証のいくつかを紹介します。

01_DISK_FOLDER01

ディスクモード「01」「Slct. create 」でLETTERキーとCURSOLキー、CONTROLノブを使って、ボリュームを作成します。名前を変えてENTキーを押すと、新しくボリュームができます。名前の横に『V1』などのボリュームナンバーが現れます。ちなみにFloppyが『V0』で固定のようです。

02_DISK_V128

ボリュームが128個作りました。

03_Disk_Directory_full

129個目のボリュームを作ろうとすると、エラーがでます。『ディレクトリがいっぱいです』ということでしょうか。

04_Sampling

本体メモリーいっぱいにサンプリングします。約1.5MBのサンプルデータを作ります。

05_Saving_Sample

DISK モードの「07」「SAVE SAMPLE」で1ボリュームにサンプルデータを保存します。

06_Volume_99

保存が終了すると「Vol(ボリューム)」が「99%」になって、ボリュームの容量がいっぱいになったのがわかります。

07_V_slct_29

ボリュームを1〜28番までフルにして、29番目のボリュームに保存しようとすると、エラーがでます。

08_Disk_Sample_space_full

「サンプル容量がもうありません」ということでしょうか。

本体サンプルメモリー約1.5MB × 28=約42MBで、容量がいっぱいなのでしょうか。これは、64MBを超えるCFカードでは、だいたい同じです。

次回は、SCSIハードディスク、ZIPドライブ(入手しだい)、MOドライブを試してみたいと思います。

AKAI S950の液晶ディスプレイをLEDバックライトのLCDに交換する

AKAI S950の液晶がとっても暗いので(バックライトが切れているのかも?)、LEDバックライトの液晶ディスプレイをつくってもらいました。少量ですが、販売もします。Stratos Technology のホームページから御注文下さい。残念ながら、バックライトの色は、電球色のみのようです。カッコいい色がよかったのですが。。。

00_LCD_NEW

LEDバックライトの液晶ディスプレイパネルの部品です。

01_LCD_Before

取り付け前の液晶ディスプレイです。暗くて見づらいです。

02_TOP_Screw

まず、筐体を開けます。赤丸のネジを外します。青丸のネジもできれば外したほうが、フロントフレームが外れるので、取り付けがやり易いですが、分解がちょっと面倒です。

03_Bottom_Screw

赤丸のネジを外します。青丸のネジも、できれば外したほうが、作業がしやすくなります。

05_Side_Screw

同じく、両サイドの青丸のネジも外したほうが、作業がやり易くなります。

04_POD

ボリュームのつまみを外します。

06_EL_PS

ELバックライト用の電源基盤を取り外します。

06A_P401_Connector

赤丸のネジを外して、ELバックライト用の電源コネクターを外します。

07_LCD_Remove

液晶ディスプレイパネルの左側のコネクタを外します。赤丸のネジを外します。青丸のケーブルを基盤から切り離したほうが、外し易いです。

08_Removed_LCD_EL_PCB

外したLCDとELバックライト用電源基盤です。

09_Fasten_Screw_Back_ Side

フレームの裏側からLEDバックライト 液晶ディスプレイパネルを取り付けて(オリジナルの液晶ディスプレイのように、フレームの表側から取り付けると、基盤を破損します。)、ネジを締めます。フレームを外したほうが、作業がやり易いですが、L型のドライバーがあればフレームを外さなくてもネジを締められます。(私は、結局フレームを外しました。)

あまりネジを締め付けないようにして下さい。

10_Connector

LCDコネクターを取り付けます。コネクタの方向、位置に注意して取り付けます。ケーブルが青のラインがあるのが上になります。

LCD_Completation

S950のフロントパネルを取り付けて出来上がりです。

だいたい、一時間くらいで出来ました。

Stratos Technology S950 SCSIボード試作品を使ってみる

前回の、AKAI S950用SCSIボードIB-109を使ってみて、どうもCF PowerMonster IIでは、ちゃんと動かないみたいです。何が悪いのかよくわからないので、例によって規格にのっとって、SCSIカードを試作してみました。

01_Stratos_S950_SCSI_A

デジタル入力機能は、今は必要ないので、SCSI機能にしぼって設計しました。せっかくの試作なので、Stratos Technology CF PowerMonster IIをオンボードで搭載できるようにしました。

SCSIコネクターも、MPCのように25pinのものに変えてあります。

02_SCSI_Board_wCFPMII

CF PowerMonster IIを取り付けました。

03_S950_Bottom_View

S950を裏面にひっくり返します。赤丸のネジをはずして、筐体を開けます。

04_S950_Back_View

S950の背面の赤丸のネジを外して、拡張ポートを開きます。

05_Around_Guide

拡張ポートの切り欠きのガイドに沿ってボードを挿入します。

06_Bottom_w_SCSI_Board

赤丸のコネクターにフラットケーブルを接続します。拡張ポートのネジを締めて、SCSIボードを固定します。

07_IB109_SCSI_Hard_Disk

電源を投入します。”IB109  SCSI hard disk”の表示がでます。

08_DISK_ERROR

DISKモードにします。DISKをセレクトすると、エラーが出ました。どうも、CFカードの相性が良くないみたいです。

09_CF_Card_Exchange

CFカードを128MBなどの、小さな容量のものに交換してみます。交換は、CFカードスロットから、ラジオペンチなどで交換できますが、やりづらいので、できれば一度ボードを外してから交換したほうが、安全でしょう。

10_9_Format_hard_disk

DISKモードにします。”09″ の”Format hard disk”にカーソルをもっていって、”ENT”を押して、フォーマットします。数秒で完了します。

11_01_VOLUME_slct_create

“01”で、” VOLUME Slct,create”にカーソルを持っていきます。”LETTER”とデータノブを回して、DISKに好きな名前をつけて、”ENT”を押します。名前をつけると約4MBのボリュームができるようです。あくまで想像ですが、256パーティーションで、1GBまで対応するようです。

↑どうも違うようです。再度検証してみました。こちらをご参照下さい→ http://www.artmix.com/wordpress/?p=473

12_06_SAVE_PROGRM

“06” の”SAVE PROGRM”で、データを保存してみます。

13_SAVING_sample

保存できました。

どうも、IB-109の設計上で何かCF PowerMonster IIとの相性が出ているのでしょう。もうすこし、追求したいところですが、Stratos Technology製のSCSIボードでは、 CF PowerMonster IIは、問題なく動作を確認できました。

試作ボードは、何枚か作ったので、評価版として販売します(数に限りがあります)。評価版SCSIボードには、アップグレードROMに交換する必要があります。ROM交換は、前回のブログを参照して下さい。

アップグレードROMに関しては、Virtual Sound Technology社にコンタクトを取ってみて下さい。または、弊社にご相談下さい。

 

34pin-50pin SCSI変換ケーブルでMacPortable にCF AztecMonsterを内蔵させる

今回は、Vintage Macのド定番のMacPortableにCF AztecMonsterを内蔵させて、内蔵HDDのかわりにCFカードから起動させます。

MacPortableは、内蔵SCSIが特殊で、34pinにSCSIシグナルと電源が一緒になっています。NeXT Cubeのモニターみたいです。

特注で、34pin-50pinの変換ケーブルを作ってみました。熱心なVintage Macコレクターからのオーダーです。試作品を限定数だけ販売するので、こちらからご注文下さい。

試作ということで、数が少ないので、量産効果がないため価格は、ちょっとお高めです。すいません(^~^;)。うちの製品はよく高いと言われてしまうことが多いですが、ユーザーさんから大変喜ばれることが(たまに?)あります。そのときは、この仕事をしていて良かったなぁ、と思います。

00_MacPortable_SCSI_cable

MacPortable は、すでに、20年以上前の製品(Mac IIciと同世代でしょうか)なので、たいていの機体は、内蔵HDDが故障しているようです。

MacPortable です。

01_MacPortalbe_Front

見た目、割とキレイですが、メインバッテリー(だいたいこれも寿命です)がなかったり、フロッピーがなかったりします。

MacPortable 純正のステキなキャリングバッグが付いてきます。フロッグデザインなのでブランド物のバッグみたいです。

02_PowerBook_Power_adapter

MacPortableは、非常に消費電力が大きいため、メインバッテリーがないと、付属の電源アダプターでは起動しません。PowerBook 180c用の容量の大きな電源が必要です。電圧は、7.5Vとやはり、特殊です。(本当に特殊なコンピューターです。)

03_Rear_cover

 

MacPortableのリアの四角いボタンのような部分を押し込んで、リアパネルを外します。

04_Battery_Cover

バッテリーカバーを外します。

05_PRAM Battery

メインバッテリーと、PRAM電池(006P 9V乾電池)を外します。この機体には、メインバッテリーが欠品していました。

06_rubber_Foot

底面の左右のゴム足を外します。マイナスの精密ドライバーのようなもので、外します。この機体には、ゴム足が欠品していました。

07_top_panel

マイナスの精密ドライバーをゴム足の真ん中の穴に押し込んで、トップパネルを外します。ツメを折らないように気をつけて下さい。この機体は、ツメが折れていたので、ゴム足の端の部分に精密ドライバーを押し込んで、外しました。

08_panel_removing

内側のツメの部分を折らないように気をつけて、トップパネルを持ち上げるようにして外します。

09_SCSI_Connector

赤丸の部分がSCSIコネクターです。基盤に『SCSI』とプリントされています。この機体には、HDDがありませんでした。

10_CF_AztecMonster_setup

34pin – 50pin SCSI変換ケーブルで、CF AztecMonsterを接続します。

11_bootup_from_CFAZ

PRAM電池をもとに戻して、起動させてみます。無事、System 6.07から起動しました。この機体は、拡張メモリーがないので、漢字トークは読み込みができません。PRAM電池が外されていたので、おめでとうございますが出てしまっています。

ちなみに、液晶が暗いのは、初期型のバックライトがないモデルのためです。後期型のBackLitモデルは、バックライトが付きます。

12_Internal_Setup

この機体は、フロッピー、HDDがなかったので、はっきりとはしませんが、おそらく、写真のような感じで取付ができるはずです。

このケーブルは、CF AztecMonsterでのご使用をおすすめいたします。標準の3.5インチのハードディスクは、電力の関係で、おすすめできません。ご希望が多いようであれば、基盤を起こして量産化します。それでも、気持ち安くなる程度だとは思います。まあ、価格の問題よりも、格好の問題のような気もします。量産化するとすると、やはり基盤をおこして、CF PowerMonster II専用にするような形にしたいと思います。その場合には、またご報告いたします。